2014年7月4日金曜日

Git初めの一歩

最近、使い始めたのでメモ。

[Gitとは...]
分散型バージョン管理システムの一つ。
http://git-scm.com/

基本的なワークフローは以下のようです。
  1. ローカルリポジトリ(ブランチ)を作成し、そこで開発作業を進めてcommit。
  2. リモートリポジトリ(共有リポジトリ)へpushまたはpull requestする。

初期設定
$ git config --global user.name "Joel Tudor"
$ git config --global user.email "joel@example.com"
$ git config --list (設定確認)

リモートリポジトリの作成
 → GitHubに作成してもOK。
$ mkdir ~/test_dir
$ cd ~/test_dir
$ echo "This is test" > test.txt
$ git init

ローカルリポジトリ(リモートリポジトリのコピー)を作成 
$ cd /tmp
$ git clone ~/test_dir
→ /tmp/test_dir が作成される。以降、作業ディレクトリとする。

リモートリポジトリから最新を取得しマージ
$ git pull

状況確認
$ git status
→ /tmp/test_dir 配下に追加変更したファイルの状態が一覧表示される。

ファイルの追加
$ git add test2.txt
→ /tmp/test_dir 配下に追加したファイル(test2.txt)を索引に追加。

コミット
$ git commit -m "This is commit"
→ 変更内容が索引からコミットされる。この時点ではリモートリポジトリに反映されない。

ログ参照(リモートリポジトリ)
$ git log master

リモートリポジトリにプッシュ
$ git push origin
→ 変更内容がリモートリポジトリに反映される。

0 件のコメント: