2006年11月27日月曜日

[Perl] PlaggerをOPMLからフィード取得して動かしてみる

[Perl] Plagger を動かしてみる」では、YAML にブログのURLを指定してたが、購読しているURLを全て書いていくのは面倒くさい。ということで、ウェブリリーダで登録していたフィードをOPMLで吐き出して、このOPMLからフィード取得するよう設定してみる。

OPMLを吐き出してサーバ上にアップした後、YAMLを変更(太字)
$ vi test.yaml
global:
assets_path: /home/hogehoge/perl/lib/Plagger/assets
timezone: Asia/Tokyo

plugins:
- module: Subscription::OPML
config:
url: http://hogehoge.sakura.ne.jp/plagger/export.xml

- module: Publish::Gmail
config:
mailto: hogehoge@gmail.com

で、動かしてみる
$ plagger -c test.yaml

Gmailにたくさんキターーーーーーーーーーーーー。超簡単!
Gmailの場合
・キーボードショートカットで操作できる
・溜めておいてもあとでまとめて読める
・溜めておいた記事から検索できる&超早い
・お気に入りの記事はラベルしておく&複数ラベルできる
なんてメリットが考えられるので、Cron設定してしばらくはこれでブログを読んでみるつもり。

最初はOutlookで読もうと思ったが、新着記事か既読記事か見分けが付かない。
Gmailの場合、新着記事がある場合とない場合では、次のように表示されるので、Gmailで読むことにした。

新着なしの場合
画像

新着ありの場合
画像

便利だ★

0 件のコメント: