2006年10月19日木曜日

[Linux] VMware Player で CentOS

ThinkPad の VMware 環境に CentOS を入れたのでメモ。

HostOS:WindowsXP
GuestOS:CentOS
VMware Player:1.0.2 ※インストール済

用意するもの
VMware Player
BitComet 0.74
qemu-0.8.2-windows
CentOS-4.4-i386-binDVD.torrent

��.CentOSのインストールイメージをダウンロード
・BitComet をインストール
参考) BitComet お急ぎの方向けの説明
・CentOS-4.4-i386-binDVD.torrent を BitComet で実行
 → ダウンロードが開始されます。2.15GBあるのでのんびり待ちましょう。

��.vmdkファイル作成
・QEMU on Windowsをインストール
・コマンドラインで qemu-img.exe を実行し、vmdkファイルを作成
 qemu-img.exe create -f vmdk C:Vmware\CentOS4\CentOS.vmdk 20G
 ※ C:Vmware\CentOS4\CentOS.vmdk は生成ファイル名

��.vmxファイル作成
VM Builder で以下の設定を入力し Genarete VMX File ボタンを押下
 Display Name:CentOS(好きな名前)
 Guest OS:Red Hat Enterprise Linux 4
 IDE0:Master:Enable = on
 Filename = qemuで作成したvmdkファイルのファイルパス
 Device Type = disk
 Mode = persistent
 AutoDetect = on
 Start Connected = on
 IDE0:Slave:Enable
 Filename = CentOS ISOファイルのパス
  Device Type = cdrom-image
 Mode = persistent
 AutoDetect = on
 Start Connected = on
・出力内容を CentOS.vmx にコピペし保存

��.CentOSのインストール
・生成したCentOS.vmxをダブルクリックし、インストール開始

��.CentOSのN/W設定
$ vi /etc/hosts
# Do not remove the following line, or various programs
# that require network functionality will fail.
127.0.0.1 hogehoge.com localhost.localdomain localhost

$ vi /etc/sysconfig/network
NETWORKING=yes
HOSTNAME=hogehoge.com
GATEWAY=192.168.XXX.X

$ vi /etc/resolv.conf
nameserver 192.168.XXX.X

$ vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
DEVICE=eth0
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.XXX.X
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.XXX.X

おしまい。

参考)
CentOS公式サイト
CentOS on VMWare Player をインストールする
VMWare PlayerでCentOSを動かす
CentOS 4 インストール個人的ノート

0 件のコメント: